目頭切開を行えば綺麗になれます|おメメの魅力UP

婦人

小さい目や離れた目を修正

顔

蒙古ひだを取り除く

日本人をはじめ、アジア人の目頭には皮膚がかぶさっていることが多く、これを蒙古ひだと呼んでいます。蒙古ひだがあると目元が可愛い印象になるという人もいますが、眼球の一部が隠れるため、目が小さく離れて見えてしまいます。小さい目や離れた目で悩んでいる方は、目頭切開で印象を変えることができます。目頭切開で蒙古ひだを取り除けば、目の横幅が広くなり、黒目も強調されて、欧米人のようなアイラインに近づきます。また二重まぶたにしたい場合も、蒙古ひだがないほうがクッキリした形になります。ただし自然な感じに仕上げるため、蒙古ひだを完全には取り除かないで、少し残しておく施術も可能です。一度目頭切開をすれば、効果は半永久的に続きます。

クリニック選びが大切

目頭切開は30分程度で終わる簡単な手術で、だいたい1週間後には抜糸できます。ただし、その間は腫れが残るので、メガネなどを使って目立たないように工夫する必要があります。学校や会社へ行くことは不可能ではありませんが、整形がバレるおそれはあります。また簡単とはいえメスを入れるので、医師の技術力が非常に重要になります。切開する位置がミリ単位でずれても、目元の印象は大きく変わります。しっかりとカウンセリングを受け、出来上がりについて事前に相談することは欠かせません。それでも思ったとおりにならないとき、修正するのは容易ではないことを覚えておく必要があります。口コミなどを活用して、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。